HOME > センター概要

センター概要

長野県工業技術総合センターとは

長野県産業労働部の現地機関であり、県内製造業の発展に寄与するための試験研究機関です。技術的な課題をお持ちの方は、先ずはお電話、E-mail等でご連絡下さい。ご相談に応じ、アドバイス致します(無料)。必要に応じ、職員による分析評価(依頼試験)や設備の利用、職員による現地相談、共同研究や委託研究研究員派遣技術開発支援事業などを別途実施いたします(一部有料)。また、各部門で解決できない場合は、関係機関を紹介するなど、課題の解決に全力を尽くしています。なお、相談された内容の秘密は厳守致します。

工業技術総合センターを利用する

技術相談

まずはお電話、E-mail等でご相談下さい。工業技術総合センターの職員がご相談に応じ様々な解決策をご提案します。場合によっては職員が現地に伺います。(無料)

依頼試験

職員が分析機器や機械装置を使用して、データを出しアドバイスをいたします。(有料)

設備利用

工業技術総合センターの分析機器や機械装置を利用できます。ご自分で分析評価や加工ができます。(有料)

人材育成

技術者育成のために講習会、セミナーを開催します。(一部有料)

共同・受託研究

単独での研究開発が困難な場合には共同で研究開発したり、委託を受けて研究開発します。(有料)

研究員派遣制度

工業技術総合センターの研究職員が現場で企業と一緒に共同で研究開発します。(有料)

支援制度や成果事例を調べる

実用化等支援事例談

『センターがどんな支援を行っているのか、支援を受けた企業にどんな効果があったのか』などを、企業や県民の皆様に広くご理解いただくため、成果事例をホームページに掲載しています。

各種資料

プレス発表、研究報告、業務報告、技術紹介などの各種資料を掲載しています。

組織 計画・方針 沿革

計画・方針

長野県ものづくり産業振興戦略プラン」(2018~2022)も前プラン(計画期間:平成24年度から平成29年度)により示した方向性や取組結果を踏まえた上で、産業イノベーションの創出に向けて、本県の製造業の目指すべき姿を示し、具体的な施策を展開することにより、その実現を目指します。

沿革

大正7年10月に長野県工業試験場を開設、業務開始から今日に至るまでの沿革を掲載します。

沿革詳細ページへ

外部評価委員会

長野県工業技術総合センターでは、より効率的・効果的に事業を推進することを目的として、外部の有識者からなる評価委員会を設置、評価結果を公表しています。

公開情報

入札・契約情報

長野県工業技術総合センターに係る入札・契約情報(公告や結果)の一部を掲載します。

物品調達情報

製造の請負、物件の買入れ及びその他の契約に関する一般競争入札、公募型見積合わせ、公募型プロポーザルの調達情報を掲載しています。

規定等

研究活動規定

長野工業技術総合センターでは、研究コンプライアンスを確保するため「研究活動に係る不正行為」及び「公的研究費の取扱いに係る不正行為」への対応について必要な事項を定めた「長野県工業技術総合センターの研究コンプライアンス対応規程」及び「研究活動の不正防止計画」を制定しました。この規定等に基づき、試験研究の信頼性と公正性を維持してまいります。