材料技術部門の保有設備



 区分 : 工作機械・加工機器
 ・名称をクリックすると詳細データが表示されます。
 ・予約状況欄の”表示”の文字をクリックすると該当機器の予約状況が表示されます
 ・企業の利用等が比較的多い設備について予約状況を表示しています。
利用される場合はお手数ですが、予約状況の表示の有無に関わらず必ず該当部門に電話で問い合わせてください。
名称内容仕様予約
状況
ギア式老化試験機プラスチックの乾燥、熱負荷試験温度40〜200℃ 
マイクロ成形加工装置《試験材料作製部》
少量試料の溶融混練、押出加工特性評価
《マイクロ成形部》
小型試験片の射出成形、成形性評価
《試験材料作製部》
構成:ローラミキサ、小型二軸押出機、ペレタイザ
樹脂温度:400℃(ミキサ)、350℃(二軸押出)
《マイクロ成形部》
構成:小型射出成形機(3t)、金型内樹脂圧力センサ
樹脂温度:430℃まで
射出容量:4.7ml(理論値)
 
磁性皮膜試作評価装置磁性皮膜の作製三元スパッタ
着磁装置
 
自動研磨装置機械的研磨・琢磨による
鏡面試料の作製
研磨盤回転数 10rpm〜500rpm
研磨加重 20N〜260N
自動研磨用試料ホルダ
全体加重:φ25mm〜φ50mm
個別加重:φ25mm、φ30mm
 
湿式微粒化装置焼結等の原料粉末の微粒化最高圧力:245MPa
最小処理量:20mL
 
集束イオンビーム加工観察装置微細加工による断面構造観察イオン源:ガリウム液体金属
加速電圧:1〜30kV
最大電流:60nA
像分解能:5nm(30kV)
デポジション:カーボン、タングステン
 
真空プラズマ装置SEM等の試料表面の洗浄周波数:50kHz 
真空熱処理炉金属材料の熱処理、MIM最高使用温度:2200℃
到達真空度10-6torr
 
耐熱性評価装置金属材料、無機材料の耐熱性評価最高使用温度:1600℃ 
炭酸ガスレーザ加工装置軟鋼、ステンレス等の切断加工定格出力:1200W 
中型手動切断機試料の切断切断方式 手動式
最大試料径 φ95mm、長尺φ32mm
 
低温溶射装置銅、アルミなどのコーティング○作動ガス 圧縮空気、窒素、ヘリウム
○ガス温度 常温〜900℃
 
電解研磨装置電気化学的研磨による
鏡面試料の作製
研磨電圧 0V〜100V
研磨電流 0A〜10A
 
熱間圧延装置板材の圧延
ローラサイズφ200mm×200mm
熱間/冷間2段圧延機
 
粉末混合機粉体の粉砕、混合、分散及び表面修飾最大回転数:16200r.p.m.
雰囲気:アルゴンガス
 
放電プラズマ焼結装置金属、セラミックスの焼結20t
5000A
 
摩擦攪拌接合装置(線接合部)接合ツールを高速に回転させながら薄板の金属材料に押しつけることで、摩擦熱により材料を軟化・攪拌し、金属材料を接合する「摩擦攪拌接合」の接合評価
ツールが移動する線接合(FSW)
上下推力30kN
水平加工力10kN
回転数0〜3000min!-1~
 
摩擦攪拌接合装置(点接合部)接合ツールを高速に回転させながら薄板の金属材料に押しつけることで、摩擦熱により材料を軟化・攪拌し、金属材料を接合する「摩擦攪拌接合」の接合評価
ツールが移動しない点接合(FSJ)
加圧力5.9kN
回転数0〜3000min!-1~
 
油圧式自動埋込機試料の樹脂への埋め込み加圧方式 自動・油圧(80〜300bar)
加熱温度 50〜180℃
埋込径 φ30mm、φ40mm、φ50mm
 

 



spacerページ先頭へ戻る
当ページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 | ©2007 Nagano Prefecture General Indistrial Technology Center. All Rights Reserved.