電界磁界解析装置


1.名 称  電界磁界解析装置

製造会社名 

 アンソフト・ジャパン(株)

電界磁界解析装置概観

型   式

 Maxwell

所   属

 電子部

設置場所

 電子部品試験室

備   考 

 平成10年度地域産業集積活性化事業にて導入。

2.概 要

機   能

1 電磁界解析シミュレーション
2 プリント基板等高周波電流分布可視化
3 機器・部品インピーダンス測定

仕   様

1 電磁界解析シミュレーション
  3D・2Dモデル 電界・磁界解析 運動解析

2 プリント基板等高周波電流分布可視化
  測定周波数 50kHz〜1.5GHz

3 機器・部品インピーダンス測定
  1MHz〜1.8GHz

原   理

1 電磁界解析シミュレーション
 解析対象モデルを含む解析空間を小さな微小領域「要素」に分割し、それぞれの領域についてMaxwell方程式を計算する有限要素法で解析を行う。

2 プリント基板等高周波電流分布可視化
 31個×39個の微小アンテナが測定ボード下に配列されており、測定ボード上の被測定物から放射される磁界を測定する。各アンテナの測定値を基に測定物の電流分布が計算される。

3 機器・部品インピーダンス測定
 試料にかかっている電流と電圧を測定することによってインピーダンスを直接求める。(I−V)法

3.利用分野

依   頼

 1 電気特性試験−機器または材料(2時間未満)

貸   付

 1 電磁界可視化装置 3 インピーダンスアナライザ

研   究

 1 電磁リレーの磁場解析 2 実相済みプリント基板の電流分布の測定


spacerページ先頭へ戻る
当ページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 | ©2007 Nagano Prefecture General Indistrial Technology Center. All Rights Reserved.