精密・電子技術部門の保有設備



 区分 : 材料分析・化学分析機器
 ・名称をクリックすると詳細データが表示されます。
 ・予約状況欄の”表示”の文字をクリックすると該当機器の予約状況が表示されます
 ・企業の利用等が比較的多い設備について予約状況を表示しています。
利用される場合はお手数ですが、予約状況の表示の有無に関わらず必ず該当部門に電話で問い合わせてください。
名称内容仕様予約
状況
X線回折装置粉末、バルク、薄膜の結晶構造解析
出力2kW 
イオンクロマトグラフ陰,陽,金属イオンの定性,定量分析陰,陽,金属イオン分析、電導度検出器、サプレッサ式
他 溶離液濃度可変機構、吸光度検出
 
極表面複合分析装置極表面層および深さ方向の分析、化学結合状態分析項目:XPS,ISS,AES,SEM,REELS
XPS面分解能:20μm(スペクトルスコピー)
3μm(イメージング)
 
蛍光X線分析装置固体・粉体・液体試料の定性・定量分析波長分散型, ベリリウム〜ウラン
試料サイズ:50mmφ以下, 厚さ:40mm以下
 
高感度クロマトグラフ質量分析システムガスの定性、定量分析質量範囲 m/z:1から3000
イオン化法:電子衝撃法、化学イオン化法
前処理:ヘッドスペース機能、熱分解機能
 
高感度有機物分析装置フーリエ変換赤外分光分析による有機物の同定測定波数範囲:25000〜50cm-1
最高分解能:0.09cm-1
スキャン速度
50回/秒(高速スキャン時)
 
高分解能型電子線マイクロアナライザー固体試料表面の微小領域の定性分析波長分散型, ホウ素〜ウラン(EPMA)
サーマルFE電子銃
 
自動炭素硫黄定量装置金属中の炭素硫黄の定量酸素気流中高周波加熱燃焼-赤外線吸収法 
立体機能形状物形成装置電鋳法による機能性立体形状物の作製
めっき液とめっき膜分析
固体試料の簡易定性・定量分析
超振動攪拌、ミクロ曝気、揺動、加振機構
簡易定性・定量分析/蛍光X線式膜厚測定機能、溶液分析機能付属
 

spacerページ先頭へ戻る
当ページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 | ©2007 Nagano Prefecture General Indistrial Technology Center. All Rights Reserved.