精密・電子技術部門の保有設備



 区分 : 工作機械・加工機器
 ・名称をクリックすると詳細データが表示されます。
 ・予約状況欄の”表示”の文字をクリックすると該当機器の予約状況が表示されます
 ・企業の利用等が比較的多い設備について予約状況を表示しています。
利用される場合はお手数ですが、予約状況の表示の有無に関わらず必ず該当部門に電話で問い合わせてください。
名称内容仕様予約
状況
フライス盤フライス加工テーブル移動距離
X600mm/Y250mm/Z330mm
 
高精度サーボ式プレス特性評価装置(地域オープンイノベーション促進事業導入機器)精密部品を高精度にプレス加工するために必要な加工特性や材料特性を測定し、金型の剛性やプレス成形性、および各種材料の変形特性を評価します。
※地域オープンイノベーション促進事業導入機器
最大能力 294kN(30t)
最大スライド速度 200mm/s
最大ストローク 150mm
シャットハイト 250mm
ボルスタ有効寸法 500×500mm
プレス方式 4軸独立ボールねじ駆動
        スライド平行制御
下死点繰返し精度 ±0.01mm
スライド位置表示単位 0.001mm
ストローク設定単位 0.001mm
 
高精度ドリリングマシンドリルにより、非常に小さな穴をあける加工穴径:φ0.1〜1.2mm 
最適加工条件探索装置NC旋盤に各種センサを搭載し、自動的に切削試験を行う装置です。
未知材料の加工条件を短時間で探索できます。
被削材形状 直径10〜18mm(1mm単位) 長さ60〜180mm
工具形状 スローアウェイ、ろう付けバイト等
最高回転数 8000rpm
 
紫外線レーザー装置紫外線レーザーにより微細な除去加工をする発振波長:248nm
最大パルスエネルギー:650mJ以上
 
治具ボーラ精密な穴をあけるテーブル移動量:200×200mm 
小径ドリル研削盤小径ドリルの先端形状を整える。φ0.1〜6.35mmドリルのポイント研削、シンニング 
精密高速旋盤旋盤加工ベット上の振り:500mm
中心間距離:1000mm
 
精密旋盤旋盤加工ベット上の振り:260mm
往復台上の振り:140mm
 
切削動力計加工中にドリルにかかるトルクの測定測定範囲:±10000Ncm 
超精密複合マイクロ加工機ナノメートルオーダーの分解能で加工する5軸(X,Y,Z,B,C軸)
最大加工寸法:100×100×10mm
分解能1nm
 
超微細放電加工機放電加工により、非常に小さな穴をあけるテーブル位置決め範囲:200mm×50mm
位置決め分解能:0.1μm, 電極移動距離:10mm
 
微小振動測定装置加工中に工作機械に発生する微小な振動の測定レーザードップラー式
分解能:5nm
 

spacerページ先頭へ戻る
当ページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 | ©2007 Nagano Prefecture General Indistrial Technology Center. All Rights Reserved.