平成19年度
科学技術週間催しの模様

 4月17日〜20日に開催された、精密・電子技術部門 平成19年度科学技術週間の催しの様子をお伝えいたします。多数のご来場をいただきまして、ありがとうございました。

 毎年、発明の日(4月18日)を含む1週間は「科学技術週間」です。
工業技術総合センターでは、科学技術週間に併せて特別講演会・実演公開などを開催しています。
当部門の本年度の催し案内 (PDF)

 来年度も是非ご来場くださいますよう、お待ちしております。 m(_ _)m 



特別講演会

「失敗を予測する失敗学」
東京大学大学院 中尾政之 教授

 定員(100名)を越えるご参加をいただき、大盛況の講演会となりました。近年、注目を集める『失敗学』。歴史的大惨事から身近な事故の事例と検証、また失敗から学ぶことなど、濃密な内容について熱のこもった2時間のご講演をいただきました。

 「航空機墜落事故と、空き缶を踏んで転ぶ事故の関係は…?」

 目からウロコが落ち続けの2時間でした。
 熱弁を振るう中尾先生。
 役立つお話しを楽しく聞かせていただきました。

中尾政之 先生
 東京大学大学院工学系研究科 教授。
 ご専門は生産技術で、基礎から応用まで幅広くご研究をされています。


公開実演

〜当部門内をぐるっと探訪!〜

 本年度は下記5機種、計90分の見学コースをご用意しました。
 ・精密材料強度試験機*1
 ・膜厚測定装置(本体)*2
 ・膜厚測定装置(切断機)*3
 ・レーザー干渉計
 ・最適加工条件探索装置

 実際に設備を動かしながらご見学いただき、担当者がその場で説明、また質問にお答えします。約40名のご参加をいただきました。

*1〜3は、日本自転車振興会様の補助により、H18年度に導入されました。
 約10名の班に分かれていただき、じっくりと設備をご覧いただきました。

  左の写真*1は、金属片を引っ張って強度を測定する装置。
  試験片が破断するときの大音響で見学者もビックリ!!

この他に、「一般公開」として、期間中、毎日1時間の一般向け見学会を開催いたしました。

科学技術週間の催しは来年度も開催を予定しております。
科学技術にご興味があれば、どなたにもお楽しみいただけると思います。
また、夏期特別開放・親子ものづくり教室や、工業技術総合センター成果発表会なども開催しております。
詳しくは当部門の講習会案内をご覧下さい。

 


spacerページ先頭へ戻る
当ページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 | ©2007 Nagano Prefecture General Indistrial Technology Center. All Rights Reserved.