長野県工業技術総合センター
English | 検索 | 長野県 

最近実施した事業

平成26年(2014年)11月11日
平成26年度 環境・情報技術部門 研究・成果発表会

昨年度に当部門で行った技術相談や研究の成果を、企業の皆様にお役立ていただくため、研究・成果発表会及び特別講演会を開催いたしました。大勢の皆さまにご来場いただき、ありがとうございました。

【特別講演】
演題 「独自技術による次世代自動車のリード」

講師 マツダ株式会社 パワートレイン開発本部 技監 赤木裕治 氏  

SKYACTIV技術で話題のマツダ株式会社 赤木様より、現在各車に搭載されているガソリン/ディーゼルエンジンのご紹介と、近い将来リリースが予定されている次世代エンジンについての技術解説を頂戴しました。一昔前と比較すれば飛躍的に効率化が進んだといわれる現状のエンジンでさえ、課題は山積しているそうで、「理想の内燃機関を実現するために、やるべきことはまだたくさんあります」というお言葉をとおし、自動車の進化はいまだ途上にあること、その理想を追って革新的な技術開発を進めておられることをご教示いただきました。質疑応答では、一クルマ好きに返った聴講者からの質問が止まず、10分の延長時間も瞬く間に過ぎてしまいました。

【センター職員による成果発表】
詳細ページへ

参加者 17社11団体54名

平成26年(2014年)7月29日〜31日
平成26年度夏休み公開・親子ものづくり教室

夏休み親子ものづくり教室が、7月30日(水)、31日(木)両日に亘り開催されました。この二日間は、普段静かな館内に子供たちの歓声があふれました。(共催:(公財)長野県テクノ財団アルプスハイランド地域センター)

7月30日(水) 「夏の木工教室 −木製パズルで遊ぼう!−」

電動工具やレーザー彫刻機を駆使し、4種類の木製パズルを作りました。モーターのうなる音や木の焦げるにおいに、はじめはびっくりした様子の子供たちでしたが、夢中になって取り組んでくれました。出来上がったパズルには、今度は大人が夢中になって取り組んでいました。保護者の皆様、パズルは解けましたか?

参加者 24名(子供14名、大人10名)

7月31日(木) 「リニアモーターカーを作ろう!」

長野県南部を走ることが決まったリニアモーターカーを、銅板・磁石・電池・エナメル線などを使って再現しました。スタッフ側も昨年の経験をもとに、電気的な接触の具合や長い距離を走れる工夫をした甲斐あって、全員の車が走行実験成功裡に終わりました。車体は、当部門の3Dプリンタで作成したオリジナルモデルです。

参加者 18名(子供10名、大人8名)

平成26年(2014年)4月16日
平成26年度科学技術週間 機器利用普及講習会

 工業技術総合センター環境・情報技術部門では、医療福祉機器分野、環境分野などにおける開発支援を強力にすすめる目的で、実用性の高い機器を整備しました。これらの利用方法、有効性を利用者の皆様に、直接、体感して頂けるよう利用普及講習会を開催しました。講習会の様子は、新聞3紙に掲載されました。

【機器の紹介・実演】 アイマークレコーダ

アイマークレコーダのページへ


【機器の紹介・実演】 3Dプリンタ

3Dプリンタのページへ

【その他の機器】

新規導入設備のページへ(一覧)

 ・指の接触力センサのページへ

 ・気体流量測定のページへ

 ・パワーアナライザのページへ

 ・赤外線カメラのページへ

 ・高速ビデオのページへ

 ・レーザドップラー振動計のページへ

 

過去に実施した事業

スペース ページ先頭へ戻るボタン
当ページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 | ©2007 Nagano Prefecture General Indistrial Technology Center. All Rights Reserved.