長野県工業技術総合センター
English | 検索 | 長野県 

最近実施した事業

2010年8月10日,22日
追尾型太陽光パネルとひまわりのスケッチ会開催が開催されました

工業技術総合センター 環境・情報技術部門の正面ロータリーには、3基の太陽追尾型の太陽光パネルと、それを取り囲んですくすくと育ったひまわりが花盛りになっており、その様子をNPO法人「あずさの虹」様のイベントで、園児から小中学生の皆さんがスケッチする会が催されました。

主催 NPO法人あずさの虹 

会場 環境・情報技術部門

参加者 大人7名 子供6名

詳細ページへ

2010年8月3日〜5日
平成22年度夏休み公開・親子ものづくり教室

小中学生の皆さんに科学技術に親しんでいただくため、夏休み公開と、親子ものづくり教室を開催しました。 大勢の皆さまにご来場いただき、ありがとうございました。

燃料電池をつくってみよう!(8月3日、5日)

燃料電池の仕組みを学んで、鉛筆とペットボトルを使って燃料電池を作りました。


参加者

3日 27名(子供16名、大人11名) 
5日 25名(子供19名、大人6名)

藍の自然の色を使って、世界で一枚しかないスカーフを作ろう!(8月4日)


藍の生葉染め(なまはぞめ)は、新鮮な藍の葉から染料を作って布を染め、淡い色あいが特徴です。この生葉染めでオリジナルなスカーフを作りました。また藍の育て方も学びました。


参加者 23名(子供14名、大人9名)

施設見学(8月3日〜5日)

太陽追尾型太陽光発電装置を始めとする環境・エネルギー分野の機器設備、業務を紹介しました。

参加者 47名(子供28名、大人19名)

 
   

2010年4月13日〜16日
平成22年度科学技術週間一般公開

平成22年度科学技術週間行事の一環として、科学技術対する関心を深めていただくため、環境・情報技術部門に最近導入された設備の公開実演及び所内公開を行いました。 大勢の皆さまにご来場いただき、ありがとうございました。

 

特別講演会4月14日

会場  環境・情報技術部門 研修室   

テーマ 「低環境負荷な発電・蓄電技術」   

講師  信州大学繊維学部 材料化学工学課程 准教授   杉本 渉 氏

参加者 71名


家庭、自動車用に実用化が進む燃料電池や、ハイブリッド車の電源として注目されるスーパーキャパシタについてご講演頂きました。

公開実演4月14日

参加者 42名

新規に導入した燃料電池評価システムの公開実演を行いました。

      

燃料電池評価システム               燃料電池評価システム(回生型充放電装置)

新規導入設備の詳細はこちら

  

過去に実施した事業

スペース ページ先頭へ戻るボタン
当ページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 | ©2007 Nagano Prefecture General Indistrial Technology Center. All Rights Reserved.