環境・情報技術部門の保有設備紹介(詳細データ)


 設備名  三次元変角光度計

メーカ型式
(株)村上色彩技術研究所GP-200

仕様
光源:ハロゲンランプ 12V50W
受光素子:光電子増倍管
光束絞り:φ2〜φ20
受光開き角:0.5°〜2.9°
受光角度:検出角度0.1°step
受光器回転:180°精度±0.3°
試料台あおり:±20°
内容
本装置は、反射あるいは透過光強度分布を検出角度0.1°ステップで三次元測定することで、物体表面の質感や透過特性の評価に利用できます。
評価応用例:塗膜、漆膜の質感評価、織物の心理的ツヤ感評価、照明用拡散板の光学評価、毛髪のツヤ感評価、紙・印刷面の質感評価、樹脂板の透明感、乳白感、ソフト感評価、皮革、毛皮の光沢感評価など

導入年度設備利用料担当部門担当部用途備考予約状況
20131500円/時間環境・情報人間生活科学依頼試験
設備利用
研究・相談
 
----
  • 来場してご利用いただける機器のみ利用料を表示しています。(平成26年4月1日より利用料が改定となりました
  • 依頼試験の手数料につきましては環境・情報技術部門までお問い合わせください。
  • 利用希望が多い設備は予約状況を表示します。予約状況欄の”表示”をクリックして下さい。


スペース
spacerページ先頭へ戻る
当ページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 | ©2007 Nagano Prefecture General Indistrial Technology Center. All Rights Reserved.