環境・情報技術部門の保有設備紹介(詳細データ)


 設備名  回生式充放電試験装置

メーカ型式
富士通テレコムネットワークス(株)AR-01

仕様
・放電エネルギを1 次側に返還する回生方式
・通常充放電モード:定電流/定電圧/定電力
・パルス充放電モード:定電流/定電力
・電圧範囲:0〜600V、電流範囲:0〜75A、 電力範囲:0〜25kW
・電圧・電流サンプリング:10msec
・データサンプリング:10msec〜60min の間 隔、15 チャネル
・温度測定サンプリング:1sec
内容
二次電池(バッテリー・充電池)の充放電特性を評価します。
電池の充電、放電を自動でおこない、電圧、電流、温度、
インピーダンスなどを測定するシステムです。
リチウムイオン、ニッケル水素、高性能鉛蓄電池など各種電池を
単セルから組電池まで、また小容量から大容量まで、テスト可能です。
研究用から寿命テストまで広範囲に利用して頂けます。

導入年度設備利用料担当部門担当部用途備考予約状況
20095000円/時間環境・情報情報システム依頼試験
設備利用
 
----
  • 来場してご利用いただける機器のみ利用料を表示しています。(平成26年4月1日より利用料が改定となりました
  • 依頼試験の手数料につきましては環境・情報技術部門までお問い合わせください。
  • 利用希望が多い設備は予約状況を表示します。予約状況欄の”表示”をクリックして下さい。


スペース
spacerページ先頭へ戻る
当ページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 | ©2007 Nagano Prefecture General Indistrial Technology Center. All Rights Reserved.