環境・情報技術部門の保有設備紹介(詳細データ)


 設備名  レーザドップラー振動計

メーカ型式
小野測器LV-1800

仕様
測定周波数範囲 0.3Hz〜3MHz
測定分解能 変位0.01nm(10kHz〜3MHz)          
      速度0.3μm/s〜10m/s(3MHz以下)
      加速度 108m/s2以下(3MHz以下)
FFT解析機能 DS3000(2ch信号出力ユニット付)
内容
内蔵カメラによるレーザ照射位置の確認を実現した非接触振動計。波形解析装置と組合せることで、単に振動を計測するだけでなく、振動の状態までも高精度にとらえ視覚化し、解析することが可能。

導入年度設備利用料担当部門担当部用途備考予約状況
20122600円/時間環境・情報情報システム依頼試験
設備利用
研究・相談
 
----
  • 来場してご利用いただける機器のみ利用料を表示しています。(平成26年4月1日より利用料が改定となりました
  • 依頼試験の手数料につきましては環境・情報技術部門までお問い合わせください。
  • 利用希望が多い設備は予約状況を表示します。予約状況欄の”表示”をクリックして下さい。


スペース
spacerページ先頭へ戻る
当ページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 | ©2007 Nagano Prefecture General Indistrial Technology Center. All Rights Reserved.