保有設備 区分一覧


 区分 : 音響・振動・周波数試験機器
 ・名称をクリックすると詳細データが表示されます。
 ・予約状況欄の”表示”の文字をクリックすると該当機器の予約状況が表示されます。
 ・企業の利用等が比較的多い設備について予約状況を表示しています。
 利用される場合はお手数ですが、予約状況の表示の有無に関わらず必ず該当部門に電話で
 お問い合わせください。
名称内容仕様担当予約
状況
レーザドップラー振動計内蔵カメラによるレーザ照射位置の確認を実現した非接触振動計。波形解析装置と組合せることで、単に振動を計測するだけでなく、振動の状態までも高精度にとらえ視覚化し、解析することが可能。測定周波数範囲 0.3Hz〜3MHz
測定分解能 変位0.01nm(10kHz〜3MHz)          
      速度0.3μm/s〜10m/s(3MHz以下)
      加速度 108m/s2以下(3MHz以下)
FFT解析機能 DS3000(2ch信号出力ユニット付)
環境・情報 
音響パワー測定装置半無響10点法による音響パワー測定半無響10点法材料 
音響パワー測定装置(インテンシティ部)騒音源(定常音)の探索
音響インテンシティ測定
周波数 20-10kHz
インテンシティ法による音響パワー測定
材料 
音響振動解析システムアナライザ:多チャンネルでの騒音・振動測定と各種解析が可能
  入力4ch、出力2ch、周波数範囲0〜40kHz
  波形記録、波形加工、オクターブ分析、FFT分析、
  心理音響評価

精密騒音計(ポータブル):可搬式で1チャンネルでの騒音測定と簡単な分析機能を備えています。
  JISC1509-1:2005クラス1(精密級)、周波数範囲10〜20kHz
  1/3オクターブ分析、ストア機能、波形記録機能
アナライザ SA-01A4
 入力4ch、出力2ch
 周波数範囲0〜40kHz
 騒音・振動測定と各種解析が可能
精密騒音計(ポータブル)NA-28
 可搬式1チャンネル
 1/3オクターブ分析機能
精密 
音質評価システム音の収録・分析・編集・再生
FFT、オクターブ分析(40k)
ラウドネス分析(20k)
音質評価指標
入力ch数:2ch
サンプリング:100kHz
測定範囲:25〜40kHz
材料 
顕微型レーザードップラ振動計小型部品の振動測定、振動モード解析3軸測定可(同時2軸)
1Hz〜1.5MHz
振動モード解析機能
材料 
振動試験機正弦波掃引、正弦波一定周波数、ランダム、ショック、任意加振力:16kN(正弦波)、12.8kN(ランダム波)、40kN(ショック波)
最大変位:56mmP-P
最大加速度:1076m/s2
最大搭載重量:200kg
材料表示
精密騒音計騒音の測定測定周波数 20-20kHz
測定機能 A,C,Z(FLAT)音圧レベル
材料 
大変位振動試験機電子部品等の振動試験を行う水平/垂直2方向, 加振力:16kN
振動数範囲:3〜3000Hz,温度範囲:-70〜150℃
精密表示
低周波騒音計低周波音の測定測定周波数:1.0Hz〜500Hz
測定機能:G特性音圧レベル、低周波音圧レベル
材料 
無響室音響計測用の自由音場暗騒音15dB(A)以下
容積7m*5.6m*5.5m(H)
材料 
無響室騒音レベルの測定暗騒音レベル:12〜13dB精密 

spacerページ先頭へ戻る
当ページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 | ©2007 Nagano Prefecture General Indistrial Technology Center. All Rights Reserved.