保有設備 詳細表示


 設備名 : 赤外分光光度計システム
 
メーカ型式
サーモフィッシャーサイエンティフィックNicoletiS10/NicoletiN10

仕様内容
○測定方法:透過法、全反射法/赤外顕微透過法・反射法・全反射法
○赤外顕微鏡検出器:室温型検出器、液体窒素冷却型(MCT)
プラスチック等、有機物の材質を判別するための装置です。試料に赤外線を照射し、透過光や反射光を測定し、その減衰などから、材質や成分を特定します。付属の赤外顕微鏡を使用すれば、数10μm程度の微小な物質の測定も可能です。食品などに混入した異物の測定に利用できます。

導入年度利用料担当部門担当部用途備考予約状況
20144500 円/時間食品加工食品依頼試験 設備利用 研究・相談
----

  • 注1) 来場してご利用いただける機器のみ利用料を表示しています。
  • 注2) 利用希望が多い設備は予約状況を表示します。
       予約状況欄の”表示”をクリックして下さい。



spacerページ先頭へ戻る
当ページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 | ©2007 Nagano Prefecture General Indistrial Technology Center. All Rights Reserved.