保有設備 詳細表示


 設備名 : 小型精米機
 
メーカ型式
螢汽織SDB2A

仕様内容
○最大処理量 玄米60kg
○自動機構  精白米の現在重量を測定し、目標精米歩合まで自動運転可能
○精米能力  精米歩合50%以下の精米が可能
(最大35%まで可能)
酒造用原料玄米を、目的の精米歩合まで精米するための機器です。
新規開発した酒米品種など、実用精米規模に適した数量の玄米が得られず少量の玄米(1俵以上)しかない場合でも、任意の精米歩合まで高度精米することが可能になります。
これにより開発途上の酒米品種の試験が迅速に行うことができ、新品種の酒米開発に役立ちます。

導入年度利用料担当部門担当部用途備考予約状況
2014700 円/時間食品食品バイオ設備利用 研究・相談 試作・加工
----

  • 注1) 来場してご利用いただける機器のみ利用料を表示しています。
  • 注2) 利用希望が多い設備は予約状況を表示します。
       予約状況欄の”表示”をクリックして下さい。



spacerページ先頭へ戻る
当ページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 | ©2007 Nagano Prefecture General Indistrial Technology Center. All Rights Reserved.